お問い合わせ・予約受付                                 Tel.075-708-8004       

 2F エグゼクティブフロア専用予約           Tel.075-708-2304 

menu

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

近年、患者さんのQOL(Quality of Life)やQOV(Quality of Vision) を向上すべく、多焦点眼内レンズと呼ばれるプレミアムな眼内レンズが登場し注目されています。
多焦点眼内レンズは遠くと近くの2か所にピントが合うように設計された遠近両用レンズで、老眼が矯正できる眼内レンズであるとも言えます。

従来、白内障手術時に単焦点眼内レンズを使用した場合には、術後も眼鏡に依存した生活を送る必要がありましたが、多焦点眼内レンズの登場によって眼鏡に依存しない生活が期待できるようになりました。

多焦点眼内レンズの使用が適している方

  • 眼鏡装用から解放されたい、または頻度を減らしたいと希望される方
  • 白内障以外の眼疾患がない方
  • 多焦点眼内レンズの限界を理解されている方

多焦点眼内レンズの使用に注意が必要な方、適していない方

  • 過度な期待をされる方
  • 夜間に運転する機会が多い方
  • 精密な近方作業を行う仕事または趣味がある方

多焦点眼内レンズの限界

  • 眼鏡が100%不要を保証するものではないこと
  • どの距離にもピントが合うようになるわけではないこと
  • コントラストや夜間の見え方の質がやや低下すること

白内障手術費用について

◆多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は選定療養あるいは自費診療となります。

◆選定療養とは:入院の差額ベッド代と同じく、多焦点眼内レンズ代金(保険適用外)をお支払いいただくことで保険適用で受けることができる医療サービスです。

◆自費診療とは:多焦点眼内レンズ代金も白内障手術もすべて自費となるサービスです。

眼内レンズ種類 金額
単焦点レンズ 保険診療:約15,000円~約45,000円(保険種別による)
2焦点レンズ 選定療養:210,000円(税別)+保険診療(約15,000円~約45,000円)
3焦点レンズ 自費診療:485,000円(税別)

当院での多焦点眼内レンズを用いた白内障手術件数

2019年度 44件

2018年度 24件

2017年度 27件

フェムトセカンドレーザー白内障手術

フェムトセカンドレーザーを使用することにより、コンピューター制御下で安全かつ精密に、計画通りに手術を行うことができます。